第一種低層住居専用地域とは

第一種低層住居専用地域とは、12種類ある用途地域の中で最も厳しい規制がかけられている、
低層住宅の良好な環境を守るための地域です。
このエリアはその規制に基づき、所有地の内50%以上を空地とし、
建物の高さも10m以内に抑えなければなりません。
その為、日陰も少なく、青空の広い街並みを維持することができ、
陽当たりも良く冬でも街全体が明るく感じられるでしょう。
空地割合が多いと自ずと緑地が増え、木々は育ち、木に花が咲き実を結び五感で自然を味わえる、
ゆとりある暮らしを満喫できることでしょう。
リッシュハウス南大橋アマルフィは、そのような恩恵のある地域に誕生します。
さらには、敷地が希少な南面ひな壇となっている為、さらに明るく開放的で良好な眺望も得られます。

close